セマンティックウェブ対応のSEOに強い高品質なウェブサイトを制作します

ピックアップ

モバイルファーストインデックス完全サポート!!

Semantic Starが推奨するレスポンシブウェブデザイン2つのメリット

Semantic Starは、レスポンシブウェブデザインを推奨しています。

レスポンシブウェブデザインとは、デバイスの画面サイズによってデザインを最適化してくれるウェブの設計を言います。
レスポンシブウェブデザインにすることでパソコンから見てもスマートフォンから見ても適切な形で見ることができます。

そして、Googleもレスポンシブウェブデザインを推奨しています。

しかし、レスポンシブウェブデザインでないサイトは今も多くあります。
そうしたサイトは、パソコンからしか見られない(スマートフォン用のデザインでない)サイトであったり、スマートフォン用のサイトがあっても検索エンジンに適切に評価されないサイトであったりします。

これは、集客の観点から大きな失敗といえます。
近年スマートフォンを使ってインターネットを閲覧するユーザー数が、パソコンを使ってインターネットを閲覧するユーザー数を上回っていることからも明らかです。

さらに、Googleはモバイルファーストインデックスの方針を打ち出しました。
2017年からモバイルファーストインデックスが実施され、レスポンシブウェブデザインでないサイトはますます集客に不利になっていくと思われます。

最後にレスポンシブウェブデザインの大きなメリットを2つまとめます。

  • パソコンサイトもモバイルサイトも1つのHTMLファイルで管理ができる
  • SEO対策に有利

Semantic Starがレスポンシブウェブデザインの設計提案をします

現段階で、モバイルファーストインデックスに対して最もベストなサイトの設計は、レスポンシブwebデザインであるといえます。
Semantic Starでは、WordPressを使ったホームページ制作を行っており、全てのプランでレスポンシブwebデザイン対応となっております。

Semantic Starの集客に強いレスポンシブウェブデザインは、Googleからの評価を落とさずに、ユーザーを集めることが可能です。
すでにパソコンサイトとモバイルサイトがあるサイト運営者様に対して、どのような形でレスポンシブウェブデザインを提供できるのかを綿密に打ち合わせし、時代に合った新しいサイトを提供することができます。
モバイルサイトを持っていないけれどパソコンサイトのリニューアルを考えていらっしゃるサイト運営者様にも、レスポンシブウェブデザインでサイトの設計をし、パソコンの集客にもモバイルの集客にも強いサイトを提供いたします。

レスポンシブウェブデザインについてまずはご相談ください

お申込みはこちらから

モバイルファーストインデックスとは

今までGoogleは、パソコンサイトをベースにして検索順位を決定してきました。
モバイルファーストインデックスとは、その評価軸がパソコンサイトからスマートフォンサイトにシフトしていくことです。

今までのGoogleのインデックスは、全てパソコンサイトのインデックスをベースにしたものでした。
デバイスに関係なく、パソコン用サイトのインデックスをモバイルにも適用していたようです。
しかし、ここ最近でスマートフォンによる検索数がパソコンを上回るようになりました。

そういう背景もあって、Googleはインデックスをパソコン用とモバイル用で分け、モバイルユーザーを第一に考えるモバイルファーストインデックスの方針を発表しました。
今後、Googleはモバイルサイトのインデックスをもとに検索順位のランク付けを計算し、その結果を重視していくことになります。

モバイルファーストインデックスの対策

モバイルファーストインデックスにシフトしていった場合、どのように対策していけばよいのでしょうか。

運用しているモバイルサイトによって、モバイルファーストインデックスの対策は変わってきます。

まず、レスポンシブwebデザインですが、特に何も対策することはありません
レスポンシブwebデザインは、URLもコンテンツもパソコンサイトと共通だからです。

次に、パソコンサイトとモバイルサイトが分かれている場合です。
この場合は、パソコンサイトとモバイルサイトでURLが違うため、URLの正規化をしなくてはなりません。
パソコンサイトにrel=”alternate”を設定してモバイルサイトの存在を知らせ、モバイルサイトにはrel=”canonical”を設定して評価を統合するようにします。
モバイルファーストインデックス実施後もこれは変わりません。
また、パソコンサイトとモバイルサイトでコンテンツの内容も統一しておく必要があります。

検索順位を上げるための特別なアドバイスをいたします

Semantic Star独自のサイト集客視点

真剣にSEO対策に取り組もうとするにあたって・・・

☑どうやったら検索順位が上がるかという根本的な部分を突き詰めて集約しています。

☑SEOの知識がないままに内部チェックをして、地道に一つずつ問題をクリアしていくのは難しいと考えています。

そこで、Semantic Starは次の3つの対策を独自の視点からアドバイスさせていただいております。

1.ユーザーのためになるサイトかどうか?

ユーザーのためになるサイトというのは、コンテンツの質が高く、ユーザーの利便性を第一に考えたサイトです。
コンテンツの質が高いということは、ユーザーが知りたいと思った情報が載せられていて、サイト自体も独自性が強く、他が真似できないようなものになります。
そうした質の高い情報が体系的にまとめられ、いつでもすぐサイトにアクセスして情報が取得できればユーザーのためになるサイトといえます。

2.SEOの内部対策

ユーザーのためになるサイトを構築できたらユーザーだけでなく、今度はGoogleにも理解してもらう必要が出てきます。
Googleに理解してもらうような対策が、SEOの内部対策と呼ばれるものです。
Google検索エンジン最適化スターターガイド
(SEOの内部対策をするために最も基本となる方針が紹介されています。)
→下記のような重要なことがいくつも書かれています。

  • 質の高いコンテンツを提供しよう
  • 画像の利用を最適化しよう
  • 見出しタグを適切に使おう

多くの人にサイトへ来てもらうため、確認しながら実践していかなければなりません。

3.PageSpeed Insightsの利用

Googleからの評価を高めるその他の手法として、Googleが公開しているPageSpeed Insightsを使った対策というものがあります。
Googleが公開しているPageSpeed Insightsは、自分のサイトのURLを入力してページスピードを速めるための対策を教えてもらえるサービスで、誰でも無料で使えます。
画像の最適化やCSSの圧縮などもやってくれる便利なサービスです。
ページの表示スピードはSEOに関係しますので、必ず対策しなくてはなりません。
これもストレスなく情報を取得できるようにするというユーザーへの配慮になります。

重要SEO対策は継続が肝要

集客のためには、ユーザーの利便性を追求し、継続してSEO対策をやり続けることが重要だと言えます。
ホームページに人が集まるようにするために、地道に一つずつ問題をクリアしていかなければなりません。

そこで、Semantic Starが無料で検索順位のアドバイスをいたします

Semantic Starは、お客様に自身のサイトについて相談していただければ、Semantic Star担当者がサイトの問題を洗い出し、最良の対応策を一緒に考えさせていただきます

本格的なSEO対策を含めた集客についてまずはご相談ください

お申込みはこちらから

あなたのサイトにJSON-LDの記述をします

JSON-LDとは

JSON-LDとは、JSON形式で書かれたデータを関連付けするためのフォーマットです。
JSON-LDによる記述をwebサイトに施すことで、検索エンジンにわかりやすくサイトの内容を伝えることができます。

検索結果で他のサイトより上位に表示されるためにやらなければならないことだと思われます。

JSON-LDマークアップの手順例

まず、schema.orgのサイトで記入すべきプロパティを確認します。

schema.orgのCorporationの例

ここでは、Corporationを例に挙げます。Corporationとは、会社についての記述です。

JSON-LDでは、次のように記述をします。


  <script type="application/ld+json">
  {
    "@context":"http://schema.org",
    "@type":"Corporation",
    "name":"株式会社エムアイグループ",
    "telephone":"03-3833-3481",
    "faxNumber":"03-3832-2757",
    "email":"info@mi-group.co.jp/",
    "url":"http://mi-group.co.jp/",
    "address":"〒116-0016 東京都台東区台東1-9-4 松浦ビル5F"
  }
  </script>

ここでは、企業名を表す「name」、住所を表す「address」、電話番号を表す「telephone」、FAX番号を表す「faxNumber」、メールアドレスを表す「email」、URLを表す「url」を用いています。これにより、検索エンジンに会社の基本的な情報を知らせることが出来ます

Semantic webについて

JSON-LDの記述は、Semantic webをよりよい形で実現してくれます。
Semantic webとは、HTML上の各要素に対して、その要素がどんな意味を持つのかを定義していく手法を言います。
この対応をすることで、検索エンジンがHTML上に何が書かれているのかを理解できるようになります。(つまりSEOに有利ということになります)
この「意味付け」の方法は、JSON-LD以外でもMicrodataやRDFaといったものでもできます。
MicrodataやRDFaなどは、JSON-LDと比べて記述量も少なく済みますが、Semantic webを意識した構造化データマークアップをしていくにはJSON-LDが一番です。
Googleも構造化データマークアップをする際に、JSON-LDを推奨しています。
なぜJSON-LDなのか、次にJSON-LDを使っていくメリットを見ていきます。

JSON-LDを使うメリット

MicrodataやRDFaなどと比べて、JSON-LDを使った構造化データマークアップの優れている点は、可読性がよく、保守・運用がしやすいところにあります。
JSON-LDは、HTMLソースと切り離して記述できるため、HTMLソースが複雑になることはなく、JSON-LD自体の追記や編集も簡単にできます。
また、記述の規則もわかりやすいため、慣れれば構造化データマークアップが苦にならなくなります。
最後に、webサイト上で構造化データマークアップをしていくメリットを紹介します。

構造化データマークアップのSEO上のメリット

JSON-LDを使った構造化データマークアップのSEO上の大きなメリットは、Googleの検索結果に詳細な情報を表示することができることです。
具体的には、構造化データマークアップを施すことで、サイトのパンくずリスト、企業や製品の詳細な説明などを検索結果に載せることができます。
これをリッチスニペットといいます。
Semantic Starは、リッチスニペットが集客に直接的な影響があると考え、JSON-LDを使った構造化データマークアップを全てのプランで実装していきます。

リッチスニペットのサンプル

リッチスニペットの例

Semantic Starが1ページ限定、無料でJSON-LDの記述を施します

Semantic Starでは、検索エンジン対策として1ページ限定にはなりますが、無料でJSON-LDの記述を施すことができます。

お申し込みいただいた方には何故、JSON-LDが検索エンジンに対して良いのか、結果と共に納得いくまでアドバイスさせていただきます。

リッチスニペット、JSON-LDを使った構造化データマークアップについてまずはご相談ください

お申込みはこちらから

pagetop